メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。

自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると、タイヤがスリップしたり、ブレーキを踏んでも間に合わなかったりなど、大きな事故につながりかねません。

2つ目はドライバーの体調です。走行中に居眠りしてしまったり、心臓発作に襲われたりということもありますので、体調管理には気を付けなければなりません。飲酒も大きな問題となっています。数は減ってきていますが、ゼロになったわけではありません。

このような危険を回避するために、最近のクルマは様々な安全装置が装着されています。タイヤの回転を制御してスリップを回避したり、カメラやレーザー技術を駆使して自動で止まったりできるなど、どんどん標準装備されるようになってきています。

このような技術の進歩により、間もなく自動運転も可能になると言われています。