メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。

アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。アルコールは脳を徐々に麻痺させていく作用があり、お酒を飲むことで注意力や判断力、視聴覚機能が少しずつ低下していきます。

仮に「自分はお酒に強いから、ビール1杯ぐらいなら車を運転しても大丈夫」と自負していても、アルコールによって脳は確実に麻痺しています。

このような状態で車を運転すると、危険を察知してブレーキをかけるまでの時間が普段より遅くなってしまい、重大な事故につながりやすくなります。

もし、飲酒運転で事故を起こした場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金という非常に重い罰が下されます。飲酒運転の危険性を十分理解し、絶対にこのような愚かな行為をしないように注意しましょう。