メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

ベテランドライバーであっても運転に関係ない行動は事故の危険性を高めます。脳の情報処理能力には限界があり、咄嗟の判断が難しくなります。事故を起こしやすい交差点ではなく単調な直線道路でも事故が起こるのは、かえって注意力が散漫になったり集中力が途切れることが原因とされています。

同乗者と会話することは問題ないのになぜ携帯通話がいけないのかという声もありますが、実験では運転中に通話すると見落としが増えたり、ブレーキを踏むのが遅れることがわかっています。同乗者は注意が必要な場面では会話を控えるなどの行動を取るものの、携帯電話の相手にはそれがわからないという違いが大きいのでしょう。自分だけは大丈夫と思わずに、必ず車を止めてから通話するようにしましょう。