メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

運転の危険性の豆知識

道路を安全に走行するには、教習所で教わる知識だけでなく、危険性を事前に察知するための経験も必要になります。

特に怖いのは思い込みで、毎日同じ時間帯に通る道だったとしても、常に注意して走行することが重要です。「この道は大丈夫のはず」という勝手な推測や、「ここは信号があるし、いつも通ってるから」というような希望的観測が事故を生む原因になります。

むしろ「次の交差点で誰かが飛び出してくるかもしれない」というような最悪の事態を想定することで、事前にスピードを落としたり、いつも以上に安全確認をすることになり、運転で重要とされる認知を早めることに繋がります。

多くの人が交通ルールを守って運転していますが、残念ながら万人が常に安全運転をしているわけではありません。このため、起こりうる危険性を予測することが最も重要です。

例えば、進行方向の信号が青の場合、特に気にすること無く直進するのが普通ですが、隣の車線が渋滞している時は、信号無視をした人が飛び出してくることがあるため、スピードを落としつつ用心深く走行する必要があります。

また、左前方を走行している自転車の横を通過する場合は、自転車が転倒したり、急に進路を変更して右に曲がったりと、危険な行動をとることがあるため、注視しつつ通過することが大切です。

このほか、雪国では交差点に雪の山が積まれ見通しが悪かったり、路面が凍って滑りやすい状態になるブラックアイスバーンなど、運転に関する知識と経験を活かして安全運転を心がける必要があります。