メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

運転の危険性に関する情報

自動車は走る凶器と例えられることがあり、運転には危険性が伴います。

考えてみれば、日本は戦後の復興の中製造業に力を入れ、資源が少ないことを補うために、開発に力を入れ、自動車製造には特にストイックなまでの開発を続けてきました。

欧米から出遅れるかたちで自動車製造を手掛ける日本が、海外資源に頼り、自動車生産を進め、現在まで燃費性能や安全性能に注目して生産が続けられています。

日本の狭い道路事情を考慮し、見通しが良いシートポジションやボンネットノーズを下げることで、人身事故の際の被害者負担を軽減するデザインや、テクノロジーとしてトラクションコントロール(横滑り防止装置)、衝突被害軽減ブレーキシステム、エアバッグシステム、車線検知システムなど、様々な安全システムがドライバーのサポートをするため、一昔前の車と比べると安全性能は格段に向上しました。

エンジンにはコンピュータ―が備わり、得た情報を解析し、またそれをデータべーし化する学習機能が新たな車両にどんどんと搭載されて、自動車が事故を回避するシステムも搭載しています。

互いの車両から発信された情報を共有し合い、渋滞を回避するなど、インフラとの連携により事故を軽減させる仕組みも組み立てられています。

システムの進歩とは逆に運転者のモラルが数十年で改善することが無く、走行性能を上げることと比例して事故は増えており、どれだけ安心のシステムや機能を搭載しても、人の心にモラルというシステムを搭載しない限り、自動車運転の危険性は高いままです。