メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

運転者の注意ポイント

運転時の危険性を軽減させる為の注意ポイントとして、まずは前を走る車との車間を意識することです。事故の内容として多いのが追突ですが、車間が短い場合ですと余計にリスクが高くなるのは言うまでもありません。きちんと距離を空けて運転を行えば、仮に前車が急ブレーキを踏んだ場合でも安全に回避することができますし、余裕を持った走行ができるようになるはずです。

進路変更をする時には目視を忘れないようにするのも注意ポイントと言えるでしょう。教習所では必ず目視をするように指導されますが、運転に慣れてくることで省いてしまうドライバーもいるようです。しかし目視をしないと死角に入っている車と接触をしてしまうかもしれません。

車は斜め後ろが死角であり、ルームミラーやサイドミラーには写り難くなっています。その部分を確認するのが目視作業の意味ですが、ところが目視を怠ってしまい結果的に接触するようなケースも決して珍しくないのです。死角には危険性があると理解しながら運転をすることが大事ですので、少しでも危険性を減らすべく目視は欠かさずに行うようにしましょう。

「だろう運転」もひとつの注意ポイントです。要は思い込みのことですが、例えば左折をしようとしている車はスムーズに曲がるだろうと思い込みをした結果、突然歩行者などが理由で急ブレーキを踏まれてぶつかったりすることもあります。これは思い込みで走った結果の事故であり、安全の為にはこうした思い込みをなくすことが大切です。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると、タイヤがスリップしたり、ブレーキを踏んでも間に合わなかったりなど、大きな...  気になる詳細はここから ⇒