メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

運転の危険性

全てのドライバーは運転の危険性を理解し、安全に走行できるように努めなければいけません。その為の基本としてスピードを出し過ぎないようにすることです。公道では法定速度が設けられていますので順守する必要があるものの、決められた速度を超えて走行するドライバーは実際少なくありません。過剰にスピードが出ていればそれだけリスクが高くなり、回避できたはずの事故も回避できなくなります。速度を守って走行をするのは危険性を下げる為の基本ですので、常にスピードを意識して適宜速度調整を行うようにしましょう。

運転に集中するのも基本です。車の事故というのは一瞬の油断が命取りになることが少なくありません。それにも関わらず集中力を切らして運転をするようなケースも目立つようです。

例えばスマートフォンを弄りながらだったり、カーナビの操作に集中する、同乗者との会話に夢中になる、ついよそ見をしてしまうなどが挙げられます。運転に慣れているドライバーほどこのような油断をしてしまうものですが、事故は一瞬で起こります。そのことを念頭に置いて走らなければいけませんし、該当するようなら即刻改めるようにしなければならないでしょう。

車間距離を十分に空けることも大切です。車間距離が短いようですと追突のリスクが高まります。しかし急いでいたり、前の車が遅いなどの理由で車間を詰めてしまうケースもあるようです。十分な距離を空けずに走るのは事故のリスクが高まるだけですので、常に冷静さを保って余裕のある運転を心掛けた方が良いと言えます。

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。ベテランドライバーであっても運転に関係ない行動は事故の危険性を高めます。脳の情報処理能...  気になる詳細はここから ⇒

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。アルコールは脳を徐々に麻痺させていく作用があり、お酒を飲む...  気になる詳細はここから ⇒