メインイメージ

携帯で喋りながら運転する危険性

携帯やスマホは便利なものですが、運転中に使用して事故を起こすケースが報告されています。積極的に注意喚起を行ったり、道路交通法の罰則強化や取り締まりを厳しくしている一方で、一向に減る気配がありません。

絶対にNG!飲酒運転

現在、日本で社会問題となっている「飲酒運転」ですが、なぜお酒を飲んで車を運転してはいけないのでしょうか。その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールが私達の身体に入ると、血液を通じて全身を循環して脳に到達します。

自動車の事故パターン

安全運転を心がけていれば、通常大きな事故を起こすことなく運転をすることができます。自動車の事故にはいくつかのパターンがあります。最も危険性が高いのはスピードの出しすぎで、制限速度を大きく超えるスピードで走ると

車に潜む危険性

遠方への移動手段として車は日常生活に欠かせない乗り物になりましたが、しかし日常に欠かせないに比例して増えているのが車による事故の増加です。車の事故が物損だけで済めば壊した物を修復する代金だけで済みますが、それが人身の事故となったときにはその時の治療費だけでなく、患部の状態が悪ければ悪いほどさらに継続的な治療費となり、最悪事故によって命を落とした時には社会的損失は個人ではどうにもできない状態になります。

事故が起きる原因には運転中にパンクなどの車の異常および、体に変調が起きての避けられない事故もありますが、その多くは運転において運転する側が車に潜む危険性を認識しないで引き起こされる物が多いのです。

運転において運転する側が車に潜む危険性というのは死角とオートマティック車ならではの問題です。死角というのは目に見える範囲を視界と言いますが、その視界が行きとどかない範囲を死角と言います。

人間の目は黒い部分に吸収した物体の光の情報を脳が伝えて映し出すのですが、その範囲というのは目に近い位置では細く遠くなるほど広くなります。その近いほど細く遠いほど広くなるということは、その細い部分には必ず首を回さなければ見えない範囲が存在することになります。車を運転していると前方に集中が言ってしまいより範囲が狭まることもあり、その状態をあまり認識せずにいると後方や両サイドにいる死角の人間に対して注意が行かずに事故を起こしてしまうことになります。

2つ目のオートマティック車ならではの問題は、マニュアル車と違いクラッチを押してギアを切り替える必要が無いため楽ですが、このギアを入れ替えないことが問題になります。ギアを入れ替えないため自身がどのギアに入れたのかをいちいち認識することが無いので、現在多発しているコンビニなどに突っ込んでしまう事故の多くはギアがどの状態に入っているのかを目で判断せずに自己判断することによって引き起こされます。